忍者ブログ

[PR]

2017年12月11日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

香ばしいスメル+追記

2008年09月21日
あーよく寝た。ひさびさにひとりで酒飲んだよ(ダメ女)。理由はハイクが楽しかったからです、それだけです。むしろそこにかこつけて久々飲んでみる気になっただけです。飲んで眠くなってさっき起きた。
で、麦とホップ飲みながら正つく@滝口1回目を見ました。なんとなくいつも喋ってる感じを知ってから見ると余計面白い。「ああッ喋っちゃダメ!!!」みたいな(笑)。でもほんとこのひと美しい。好きだわー。

もつまさんのレポを読んで。(トラバ飛ばせないですよね?)(とか言ってチキンなんでどうせ飛ばせないですけど・・・) やっぱり最初に感じた生意気スメルは間違ってなかったんだなーと。香ばしいキャラって(笑)。別に中2なひとは嫌いじゃないんだけど、もつまさんの話を読む限り、「○○なオレかっこいい」の方向性がわたしとは合わないなーと。「ストイックなオレかっこいい」だったらもうちょい自重してくれるはずだもん(笑)。だからどっくんは「あー、ハイハイw」で許せるところがある。だから最後の卒業エピソードなんか特になー。「何も言わずに出て行くオレかっこいい」だったらよかったのになあ。

同じ(なんて正直言いたくないけど)中2って言われるひととしてあと、にのみやさんちのかずなりくんが思いつくんだけど。今日CUTを立ち読みしてきて、あーわたしはこのひとの言ってること好きだなあと改めて思った。わたしがいちばん多感な(笑)時期をこのひとを見ながら歩んできているため、諸々影響を受けているのかもしれないけれど。
あいばさんの手紙にあった「トップになりたいって夢、ぜったい叶えようね」ってやつ。まああらしは「トップなんてなれるもんじゃない」みたいなことわかってて言ってるんだろうなーとは思ってた。(けどたまに「・・・はい?」って思うときもあったw) それがちゃんとインタビューの回答として得られてて「ああやっぱりな」ってほっとした。他の言葉としても、実は今日立ち読みしながら泣くつもりで本屋に行ったんだけど、いい意味でひとつも泣けなかった。それはにのみやっていうひとを全面的に信頼するようになっていたからで、なにを言われても感動するんじゃなくて「そうだよね」って納得するようになっていたから。そうやってすべてにおいて納得できるひとってそうそういないので、このひとの存在は本当にありがたいなと思った。アイドルとしていろんな仕事をする中で、もう10年以上ほど見てきていてほとんど「そりゃねーーーーーよ!!!」って思ったことがないってすごい。そう思うひといっぱい見てたし(笑)。
「演出やりたいってずっと言ってた」ってとこも最初は「えっ」て思ったけど(それをそこで口にすることについて)、「これがやりたいって言って叶うようじゃダメなんだよ」って、そこがわかってるならまあいいかと思えた。

中2のひとや残念なひとをpgrしながらヲチる趣味がないのが残念です。でも航平のビジュアルはわたしも好きなんで引き続き見ていく所存です(笑)。あと仕草とかダンスも好きなんだよ!あと滝口が仲良い子はぜったいみんないい子だし><(滝口=超いいひと間違いないキャラですわたしの中で)(でもそれだけじゃつまんないって思うめんどくせーヲタ心) 滝口と航平仲悪いって言ってるひともいたけど、アメスタちらっと見る限りそんなでもないんじゃないかなーと思う。大して知らんが。並んでるとわたしが萌えるので今後もいっしょに仕事してほしい。


【追記】

ハイク見てもらうとわかるんですけど、結局CUTは買えずにRayだけお持ち帰りしてきたんですよ。そしたらしれっとにのみやが載っててほんとうにびっくりした。逐一どの雑誌に載るかとかチェックしてないし、表紙に名前も載ってないので「なんで!!」ってなった。写真もかわえーし。ギター持ってるのは顔がかわえーし、トランプ持ってるやつは、こうやっておうちで練習してるのかしらんと思えてほっこりするし。言ってることもCUTと大して変わらず、というと聞こえが悪いけど表現がブレてないのですな。あ、恋愛ものはやったことないって言ってるけどわたしの中で南くん~は結構そういうのだったと思います。
で、りょーくんのことを「錦戸」って呼んでるのににやにやします。リアルボイスで聞きたい。あと、

「今回、錦戸とは初共演で、普段つき合いもなかったけど、オレ的ジャニーズ統計学では、たぶんこういう人かな、ってのは出てます(笑)。ただね、彼は意外性がありそうなんだよね。そのへんがこれから楽しみ」

 
その統計結果をわたしにください。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: